天井断熱と屋根断熱の違いについて・・・?

 1  夏は屋根瓦や外壁サイディングは日射で 60〜70℃ 位にもなります

したがって断熱材の少ない家は、日射以外にもこれらの熱が入ってきます。 

また、建物全体で熱の流出入する部分として、屋根や天井、外壁、窓、床、基礎、隙間などがありますが、熱の流出入の約15%は屋根と言われています。

 2  天井や屋根の夏の断熱は、小屋裏や屋根面の間の通気が適切に保たれている時だけ、本来の性能を発揮します。

通気されていないと小屋裏の温度は50℃以上になり、大きな冷房負荷を与えます。

したがって、建物の断熱性を高めるためには、屋根や天井の断熱方法が重要なポイントになります。

 3  屋根の断熱方法は大きく分けて「天井断熱」と「屋根断熱」の2つがあり、特殊な例として桁上断熱(けたうえだんねつ)が有ります。

 

天井断熱 

 桁上断熱

屋根断熱 

 tennjyoudannnetu_R.png  ketauedannnetu_R.png  yanedannnetu_R.png

画像出典:鰍ウくら事務所HP(http://www.sakurajimusyo.com/

 

【1】 天井断熱とは?  

 1 天井材の上に断熱材を敷き詰める方法が一般的ですが、最近は断熱材を吹き込む方法もあります。

天井断熱は天井面積分だけを断熱すればよいので、面積も小さく平面なので、施工が楽で工事費も経済的です。

また予算があれば、断熱材を厚くして断熱性能をを高めることも出来ます。

 2 天井の断熱材の上(すなわち小屋裏部分)は外気が入ってくるので、屋外となります。

したがって最も一般的な繊維系断熱材を使う場合は、断熱材の内部に結露が発生しないような防湿処理と丁寧な施工が必要です。

また温暖な地域では、夏に断熱材の内部に熱がこもり、2階の部屋が暑くなるので排熱対策が重要になります。

特徴
断熱工事が容易。
工事費が安い
天井裏を冷暖房しなくて良いので、経済的。



【2】 屋根断熱とは? 

屋根断熱は、屋根勾配なりの傾斜した断熱工事をするので、小屋裏は断熱材の内部となり、室内と同じような環境になるので、空間を有効に使うことが可能です。 

しかし、屋根を2重構造にしたり、工事面積が広くなるので、工事費が高くなり、複雑な屋根は施工が難しくなります。

特徴
断熱工事が難しい。
● 工事面積が広く、手間がかかるので、工事費が高くなる
  特に面積の広い天井部分は、化粧になる(見える)のでコストアップになる。 
● 空間の容積が増えるので、冷暖房のランニングコストが増える。

天井が高く、開放感があり、デザインに変化が生まれる。
小屋裏をロフト(屋根裏部屋)や物置として有効利用できる。


どちらの断熱方法も、屋根と断熱材の間の空間(小屋裏)が通気さていないと、50度以上の高温になり、中々冷房が効きません。


特に
屋根断熱の注意点は、断熱材と野地板の間に通気層をシッカリ確保して、熱せられた屋根面からの熱を効率よく排熱する構造にすることが重要です。

夏の暑さ対策として、一般論としては天井断熱より屋根断熱のほうが効果がありますが、当然工事費は割高になります。

yajirusi.GIF

 

したがって工事費は割高ではあるが、デザインを優先した勾配天井や小屋裏を有効利用したいときは屋根断熱。

特にこだわりがなければ、工事費、ランニングコストが経済性な天井断熱をお勧めします。
 
従って、
当社ではお客様から特にご要望がなければ、 天井断熱  を標準仕様としています。

ページのTOPへ戻る

 

施工事例 ・ 会社概要 ・ 家族が幸せになる家づくり ・東洋建設の家づくりの基本 ・失敗しない家づくりの秘密・・・のご案内
ご注意とお願い 今、ご覧になっているホームページは、高気密高断熱住宅に特化したサブサイトです。

家づくりで共通の・・・

「施工事例」 ・ 「家族が幸せになる家づくり」 ・ 「東洋建設の家づくりの基本」 ・「東洋建設はこんな会社です」・ 「失敗しない家づくりの秘密」 ・ 「家づくりの参考プラン」

  等の内容は、別のホームページ(メインサイト)にだけ掲載していますので、ソチラをご覧下さい。

わーい(嬉しい顔)  松山店のホームページは・・・ここをクリック

わーい(嬉しい顔)  岩国店のホームページは・・・ここをクリック

request-banner.jpg